家具の賢い選び方最新の記事

家具選びのポイント

家具と一言で言っても、ダイニングルームのテーブルやイスから、リビングルームのソファ、タンスや書棚、キャビネットやクローゼットなどの収納家具、ベッド等々、いろいろあります。

家具専門店のショールームに行くと、それこそ、たくさんの家具がところ狭しと並んでいますし、通販カタログやネットショップでも、魅力的な商品があふれています。
しかし、気に入った家具を単品ごとになんとなく買うだけでは、統一感のあるインテリアにはなりません。

家具選びのポイントは、まず、どのようなインテリアにしたいかの全体的なコンセプト(色のトーンや素材の統一など)をしっかりと決めておき、その統一基準を念頭に個々の家具を選ぶことです。

場合によっては、プロのコーディネーター等に相談してもいいかもしれません。
家具のサイズと部屋のサイズのバランスや、部屋の入口(ドア)の広さ、そしてもちろん、予算なども考えておきましょう。

家具店のショールームで、美しい照明の下で見栄えがする家具を買ってみたら、自室には大きすぎた、部屋全体の雰囲気に合わなかった、あるいは玄関のドアから入らなかったなどということもあるかもしれません。

また、家具の機能面(必要とされる構造的な仕様)とデザイン面(好みの色や形・素材)の双方を検討することをおすすめします。

家具は長く使うものですから、くれぐれも衝動買いをして後悔することがないよう、慎重に選びましょう。

 

家具の賢い選び方について

家具選びのポイントは、まず、どのようなインテリアにしたいかの全体的なコンセプト(色のトーンや素材の統一など)をしっかりと決めておき、その統一基準を念頭に個々の家具を選ぶことです。
カテゴリー
更新履歴
家具選びのポイント(2009年7月 2日)
家具の賢い選び方(2009年7月 2日)
一人暮しの部屋のインテリア術(2009年7月 2日)
一人暮しのための、快適インテリア術(2009年7月 2日)